手帳を続けるコツ。使う目的を明確にしよう!

生活

こんにちは。えだまめです。

そろそろ来年の手帳情報が出てくる時期。皆さんはお気に入りの手帳がありますか?

実は私、手帳を半年以上使い続けることが出来なかったんです。

手帳経歴

年代手帳の種類
2013~2014ほぼ日手帳(オリジナル)
2015~2016ジブン手帳
2017100円均一のマンスリー手帳
2018~2020育児日記
2021ほぼ日手帳[WEEKS]

今年は途中で挫折しないよう原因を探り、自分にあった手帳を購入しました。

結果、半年たった現在も使い続けています。おかげで自己管理が上手になり、ブログや投資、いろんなことに挑戦しています。

手帳を使い続けるコツは、手帳を使う目的を明確にすることでした。

皆さんもこの方法をマネするだけで、無理なく手帳を続けられるようになります。

手帳が続かない原因

ぐしゃぐしゃになったメモ

私が途中で挫折してしまった原因は以下の2つ

手帳に夢をみすぎている

手帳を買えば、それだけでなりたい自分へ導いてくれる気がしていました。そう、まるで魔法の道具。購入して予定を書けば、自然と目標達成出来る…なんて期待していました。

目標を作り、それに向かって予定を立て行動すること。なりたい自分になるためには、この工程が大切なんだと失敗から学びました。

具体的な目標が決まっていない

昔手帳に書いた目標

なんとなく、こうなりたいなぁという目標では、具体的な予定は決められません。当時の手帳を読み返すと、ありふれた日常記録が殆ど。目標に向かって行動することなく、手帳を書く理由がわからなくなって後半ページは真っ白。

手帳で何をしたいのか。何を書くと自分のためになるのか。その部分をしっかり決める必要があるのだと気付きました。

手帳を長く使い続ける方法

手帳を書いている人

過去の失敗を振り返り、やったことは以下の4つ

  • 手帳を使う目的を明確にする
  • 手帳の中身(書く項目)を決める
  • 目的にあった手帳を購入する
  • 手帳を開く時間を決める

手帳を使う目的を明確にする

私が手帳に書きたい内容は

  • スケジュール
  • 気持ちや情報の整理、メンタルケア
  • 体調、睡眠時間といったライフログ

挫折を防ぐため、書く内容は必要最低限に絞りました。

手帳の中身(項目)を決める

  • スケジュール(マンスリーページ)
  • スケジュールを細分化したTodoリスト(ウィークリーページ)
  • その日あった3つの良いこと(ウィークリーページ)
  • 3行日記(ウィークリーページ)
  • ライフログ(メモページ)

ToDoリストを作ることでやる事が具体的になります。目標に向かって行動を起こしやすくしました。

気持ちや情報の整理は、以下の2つに分けました。

  1. その日あった3つの良いこと
  2. 3行日記

どちらもメンタルに良い効果があるといわれています。

ライフログは体調、睡眠時間を把握しやすいバレットジャーナルを自作することに決定。

目的にあった手帳を購入する

今年買った手帳、ほぼ日手帳WEEKSは書きたい内容がしっかり書ける手帳でした。

  • マンスリー、ウイークリーページがある
  • ウイークリーページはたくさん文字が書ける週間レフト式
  • メモページが多い

実際の手帳の中身はこんな感じです。汚い字で失礼します;

愛用の手帳
愛用の手帳2
愛用の手帳3

書く内容は少なめ。ほぼ日手帳WEEKSがサイズ的にピッタリでした。

手帳を開く時間を決める

手帳を開く行為を習慣化することが、挫折を防ぐのに役立つと思いました。

書くことがなくても、決まった時間に手帳を開きます。

私は仕事に行く前、職場の駐車場で手帳を開きます。その日のToDoリストを確認してから仕事に行きます。

やってみたところ、以外にこの時間が集中できることに気付きました。今日のやる事が頭の中で整理され、1日を効率よく過ごせます。

まとめ

手帳を続けるコツは

  • 手帳を使う目的を明確にする
  • 手帳の中身(書く項目)を決める
  • 目的にあった手帳を購入する
  • 手帳を開く時間を決める

挫折を繰り返した私には、結果的にこの方法があっていました。

現在も目標達成の相棒として、無理なく手帳を続けられています。

来年の手帳を楽しみにしつつ、今使っている手帳と上手につき合っていこうと思います。

【おわり】

コメント

タイトルとURLをコピーしました